レシピ

春のペペロンチーノ~そら豆・竹の子・ほたるいかのパスタ~

一生太らない食トレーニング研究所長
管理栄養士の木下ともえです。

実家から届いた
そら豆竹の子
ほたるいかをプラスして
旬の食材で
春のペペロンチーノ
つくってみました。

竹の子を送ってくれる時には
いつも木の芽もつけてくれるので
仕上げに木の芽を盛り付けて
春の香りいっぱいの
パスタになりました。

春のペペロンチーノ

大盛に見えますが、
具材が多めでパスタは70gです。

めん類はご飯より
多めに食べてしまいがち

しっかり計量して
食べてくださいね。

高級イタリアンのパスタをイメージしましょう。

<材料1人分>

そら豆 5さや
たけのこ 100g
ほたるいか 100g
にんにく 1かけ
唐辛子 1本
オリーブオイル 大さじ1/2
パスタ 70g
塩・こしょう 適量
木の芽 適量

<つくり方>

①そら豆はさやのまま
魚焼きグリルで10分焼き、
あら熱がとれたら、
さやから取り出して、
皮をむく。

②竹の子はスライス、
にんにくはみじん切り、
唐辛子は種を取りのぞいて
輪切りにする。

③湯を沸かし、塩を適量入れ、
パスタを茹でる。

④フライパンにオリーブオイル、
にんにく、唐辛子を入れ、
弱火で香りが出るまで炒めたら、
竹の子とそら豆、ほたるいかを
加え、炒め合わせる。

⑤パスタが茹でがったら、
水を切らずにトングなどで
フライパンに加えて
炒め合わせる。

⑥塩・こしょうで味をととのえ、
皿に盛りつけ、木の芽をかざる。

<ポイント>

*パスタがのびてしまわないように
パスタが茹で上がる前に
具材を炒め合わせてくださいね。

心配な方は先に炒めてから、
パスタを茹で始めると安心です。

-レシピ

© 2021 食トレーニング研究所