レシピ

ささみサラダチキン

一生太らない食トレーニング研究所長
管理栄養士 木下ともえです。

筋肉をつくるタンパク質

肉や魚、卵などをとると良いのですが、
これらの食品には脂質がつきもの。

必要なタンパク質をとろうと思うと、
脂質を多くとってしまいがち

そこで、
「ちょっとタンパク質が足りないっ」
ていうときにおやつ感覚で
食べられるささみサラダチキン
電気圧力鍋でつくりました。

ささみサラダチキン

ささみ1本50gで53kcal 約12gのタンパク質がとれます。

タンパク質は食べすぎても
一度に吸収できず、
腎臓の負担になってしまう
可能性もあるので
足りない分だけ食べてくださいね。

<材料>

ささみ 6本
塩麹 大さじ3
水 適量

<つくり方>

①ささみはキッチンペーパーで
余分な水分を取りのぞき、
塩麹をまぶして、
一晩冷蔵庫で寝かせる。

②電気圧力鍋の内釜に
①をそのまま入れ、
ひたひたの水を注ぐ。

③フタをして3分加圧する。

④ピンが降りたら、
フタをあけ、ささみを取り出す。

<ポイント>

塩麹はささみ100gにつき、
大さじ1杯の割合で
使ってくださいね。

siroca シロカ
電気圧力鍋 SPC-211を
使用しています。

お使いの電気圧力鍋の
使用方法にあわせて
つくってください。

-レシピ

© 2022 食トレーニング研究所