レシピ

電気圧力鍋1分サラダチキン

一生太らない食トレーニング研究所長
管理栄養士の木下ともえです。

「サラダチキンをすぐつくりたい」

と思ったとき用のレシピを考えました。

味をつけて半日から一晩寝かせるのは
面倒という方におすすめです。

ただし、予熱で火を通すので
冷めるまで放置する必要はあります。

電気圧力鍋1分サラダチキン

<材料>

鶏むね肉 2枚(1枚300gぐらい)
しょうが 1かけ
酒 大さじ1
塩 小さじ1
水 適量

<つくり方>

①鶏むね肉は皮を取りのぞき、
しょうがは薄切りにする。

②電気圧力鍋の内釜に
①と酒を入れ、鶏肉が水に
浸かるまで水を入れる。

③フタをして、
1分加圧し、ピンが下がったら、
電源を切って鍋が冷めるまで
放置する。

④内釜から取りだし、
保存容器に鶏むね肉と煮汁を
入れて保存する。

<ポイント>

冷蔵庫で3~4日間保存が可能です。

*手でさいたり、
食べやすい大きさにスライスして
食べてください。

薄い味つけなので
サラダに入れたり、
パスタに入れたりして
アレンジが楽しめます。

煮汁はスープにして、
活用してくださいね。

sirocaシロカ 
電気圧力鍋 SPC‐111
を使ってつくりました。
おもちの製品のマニュアルにそって
つくってみてくださいね。

-レシピ

© 2021 食トレーニング研究所